FC2ブログ

コレコレプー日記です。

こんにちは、日常の色んな事をとりあえず 書くよ~ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

チャイルドシート

万一のとき、子供の命を守ってくれるチャイルドシート。しかし、法律で義務付けられている6歳未満の使用率は5割程度と相変わらず低調だ。マイカーでの外出が増えるなか、子供の体格に合わせた製品を正しく使い、安全な移動を心掛けたい。(中曽根聖子)

 ◆着用率まだ5割

 警察庁と日本自動車連盟(JAF)が4月に実施した調査では、6歳未満の子供の使用率はわずか54・8%。年齢別でみると、1歳未満は77・3%と高いものの5歳では32%と、年齢が上がるにつれて使用率は低くなっている。「近くへ買い物に行くだけ」「子供が嫌がる」「着脱が面倒」といった理由で装着しない人も少なくない。

 「どんなに近くでもちょっとした急ブレーキや追突が大けがにつながる可能性もある」。ベビー用品大手のコンビ(東京都台東区)マーケティング室の近藤潤主任は指摘する。最近のチャイルドシートは衝撃吸収率の高い素材を使った高機能タイプが登場するなど選択の幅も広がっている。このため、「種類が多過ぎて選び方が分からない」といわれるほどだ。

 チャイルドシートは主に子供の体重に合わせ、首のすわらない乳児用、幼児用、10歳程度まで使える学童用がある。乳児・幼児兼用、幼児・学童兼用もある。コンビでは、赤ちゃんが眠ったまま持ち運びできるタイプ、成長に合わせた3種類の使い方で着用義務期間を1台でカバーするタイプ、子供を抱いたまま片手で座席を360度回転させられるタイプ-などが人気だ。


健康から
事故防止
まで
身体の


考えて
みんな
がんばってるん
だよ!

スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

aidafan

Author:aidafan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。